生命保険を万が一に備えて契約する方が増えています。生保会社の商品である保険に

生命保険を万が一に備えて契約する方が増えています。生保会社の商品である保険に加入しておけば、怪我や事故または病気でなくなったとしても、残された家族の生活を守ることにつながるからです。この仕組みは損害保険会社の商品である傷害保険にも似ています。しかし生命保険は、外来の事故を保障する傷害保険よりもカバーする範囲が広いことが特徴です。ガンをはじめとする特殊な病気にも対応することが可能です。

生命保険の支払い金額は、加入する時の年齢によって異なります。これは、生保会社が統計に基づいて、それぞれの年齢の死亡率と照らし合わせて支払い金額を設定しているからです。20代の若者は死亡率が低いので支払い金額は少なくなりますが、40代のミドル世代であれば20代にくらべて死亡率が高くなります。そのため、支払い金額も高くなってしまうわけです。もちろん、どんな生保会社を選ぶかによって、同じ年齢の契約者であっても支払い金額は変化します。

上手に保険を活用したいなら、生保会社を契約前にしっかりと比較しておくことが大切ですね。

また、合わせて医療保険を比較することも欠かせません。日本では、公的な健康保険に強制加入する決まりになっています。ですから、軽い怪我や病気にはじゅうぶん対応できます。しかし、大きな怪我や病気には対応しきれないこともあります。そのため、公的な健康保険をサポートするために、生保会社の商品を契約して準備を整えておくわけです。

 



link/ 00/ 01/ 02/